時系列データから装置状態を見抜く
異常判別プログラム自動生成マシン
CX-M 〜データ分析作業を、専門家からこの1台に〜
異常検知の実現課題を解決
「生産性向上のため、装置の異常検知による予防保全を実現したい」の技術的な課題を解決します。
必要なのはデータだけ
今まで工数のかかっていた人手によるデータ分析作業(クレンジング、特徴抽出、機械学習による判別モデル作成、判別精度検証、プログラム出力)はCX-Mが自動で行います。お客様は必要なデータをご用意ください。
シンプルなご利用環境
CX-Mには、専用のユーザ操作アプリケーションが標準で組み込まれています。
異常判別プログラムの生成には、データとCX-Mさえあれば、すぐに作業を開始いただけます。
かんたんな操作インターフェース
CX-Mは、GUIの簡単な操作だけで利用頂けますので、専門知識は必要ありません。
異常判別システムの実現ステップ
CX-Mで開発した判別プログラムは、出力しアプリケーション化してGateway PCなどのデバイスにて実行する事が可能です。※アプリケーション化は、弊社提供のConnexonで簡単に作成できます。詳細はこちら
導入前にROIを確認してご購入
CX-Mをご購入の前に、お客様のデータで実際にどの程度の判別精度がでるか、無料で診断致します。
是非、無料分析診断をお試しください。